40代のエイジングケア

40代のエイジングケア化粧品人気ブランドランキング


ビーグレン エイジングケア

ビーグレンエイジングケア

目元や額、表情癖で刻まれたシワも見違えるなめらか肌へ

医療レベルのビーグレン独自技術QuSome®(キューソーム)が、皮膚バリアを通過して角層の奥まで美容有効成分が浸透することで、しわ・ハリへの即効性を実現!しわに効果的なレチノールやビタミンC誘導体が内側からシワを押し戻し短期間で効果を実感うるおい・なめらかさ・ハリツヤなど見違えるほどの美肌に導くことができる!

初回お試し1,800円(税抜)




アスタリフト

アスタリフト

ハリとうるおいの独自ナノ成分で結果が速い!

アスタリフトに使用されているこだわりの主要成分たちは独自技術でナノ化され、角質深部まで浸透し働きます。その結果、美肌力が3倍アップし、ハリと潤いを即実感できます!うるおい不足でハリ感が失われたしぼみ肌を土台から立て直し、ハリ・弾力をキープできるスキンケアラインは、美容業界が驚いた実力もの!CMに松田聖子さんを起用し、圧倒的人気を誇るハリアップスキンケアです!

初回お試し1,000円+税




ヒフミド 小林製薬

ヒフミド小林製薬

天然型セラミド(保湿剤)補充で本来のうるおいを♪高保湿エイジングケア

ヒフミドは、お肌の乾燥の原因であるセラミド不足のお肌に直接セラミドを補充。しかも皮膚に存在するものと同じ構造の“天然型セラミドⅡ”を配合しているから角質層に浸透しやすく、お肌のバリア機能をダイレクトに補うことで効果をすぐに実感!セラミドを補い若々しい肌へ導く高保湿エイジングケア

初回お試し980円(税込)




ニッピスキンケアクリーム ナノアルファ

ニッピコラーゲンスキンケアクリームナノアルファ

ニッピコラーゲン化粧品の化粧水の前につける生コラーゲン美容液

コラーゲン原料国内シェアNO.1で世界品質のニッピコラーゲン化粧品の生コラーゲン美容液。無添加処方で要冷蔵。化粧水前につける美容液。生コラーゲンが外側からたっぷりのうるおいで肌を包み込み、ナノコラーゲンが肌の奥まで浸透して内側からしっかり保湿!Wコラーゲンでハリ不足・うるおい不足・乾燥小ジワなどの年齢肌を徹底ケア!乾燥小ジワ・目元・ほうれい線・ハリ不足などのエイジング悩みが解消されます!

初回お試し1,080円(税込)




ユーグレナone オールインワンクリームエモリエントリッチ

ユーグレナoneオールインワンクリームエモリエントリッチ

世界初ユーグレナオイル配合!ユーグレナエキスとW配合で本格エイジングケア

ユーグレナを専門に扱うユーグレナ社のユーグレナone オールインワンクリームエモリエントリッチ。肌本来の潤いとハリを引き出す美容成分ユーグレナエキスと世界初の豊富な保湿オイル美容成分ユーグレナオイルをお肌にたっぷり浸透させ、肌本来の美肌の力を呼び起こす!うるおう力が高い「エモリエント成分」配合率30%というリッチな比率で配合を実現でなんと1つで10役洗顔後これ1つで、リップケア、目もと・首もと用の集中ケアからナイトパックまでもOK!

初回お試し1,950円(税別)




40代は肌が大きく変わる時期・エイジングサインが増えます

40代以降は、お肌の状態が大きく変わる時期です。

それに伴い、エイジングサインも一つ一つ増えていき、また、いつものお手入れで解消されにくくなっていきます。

40代で肌が大きく変わる原因は、ハリを支えているコラーゲンの、新しく作られるコラーゲン生産量が激減します。

さらに、保湿力を保っていたセラミドやヒアルロン酸、皮脂なども減少します。

そして、お肌の若々しさのカギになっていたGF(グロースファクター)成分なども減少します。

40代では、肌内部全体の機能低下の影響で、様々なエイジングサインが現れ、お肌の事情が大きく変わる変化の時期なのです。

40代のお肌事情は誰もが迷走状態

昔はハリがあって血色も良く肌が元気だったのに…、などと鏡の前で落ち込んでみたり、ちょっと奮発して買った化粧品があまり効果に実感がなかったりと、40代のお肌に対して、誰もが迷走状態になります。

40代に入ってからは様々なエイジング悩みが発生しますので、その度に一度は「どうしたらいいんだろう…」と迷います。

40代ではエイジング悩みが同時に複数発生しているので、迷走状態になっても仕方ないのです。

40代の主なエイジングの肌悩み

  • ハリが復活しなくなった…
  • なんだか老けた感じがする…
  • シミやくすみが消えなくなった…
  • 保湿しているのに乾燥する…
  • 目の上がくぼんで黒ずんだようにくすむ…
  • 唇が薄くなって口元がヨレるようになった…
  • 頬のたるみやがたるみ毛穴がひどい…
  • 吹き出物が出来て跡が消えない…
  • 目元乾燥小ジワや笑いじわが目立つ
  • ほうれい線がクッキリ、顔のストレッチなんか効かないじゃん…



などと、お肌の老化サインを痛烈に感じ始めます。

上記項目で、3つ以上当てはまる方は、すでに肌老化が進行しています。

これがそもそものスキンケアの迷走状態の原因であり、スキンケア方法や化粧品選びに迷いが出る元の原因です。

40代でのエイジングケア化粧品の選び方

では、上記のエイジングサインを解消するために、40代ではどのようなエイジングケア化粧品を選べばいいのでしょうか?

選び方のポイントは、肌機能が向上できて、即効性と持続性のあるエイジングケア化粧品を選ぶのがオススメです。

選び方の具体的ポイント

根本ケアで肌機能が向上できる

表面だけを保湿しても、肌の機能は向上しません。

お肌の機能を向上させるには、細胞を活性化し、ターンオーバーを促進することです。

細胞を活性化させるには、肌の奥にじっくりと働きかける成分が必要です。

内側から回復したお肌は、ハリのある若々しい肌を取り戻せます。

即効性と持続性がある

即効性と持続性は、高浸透力設計と優秀成分の相乗効果で得られます。

いくら優秀な成分でも、お肌の表面にほとんど残ってしまうようでは、内部機能の向上は難しいですね。

優秀美容成分を、高浸透力で働かせたい所に届かせて、じっくりと長く働いてくれる持続性があることが、即効性の高い化粧品と言えます。

40代からのエイジングケア化粧品選びの一つに、高浸透力設計のある化粧品を選びましょう。

40代から重視したいエイジングケア

真皮層の活性化

40代から重視したいエイジングケアは、真皮層の活性化ですね。

真皮層は、皮膚の一番下にあり、皮膚の細胞を作りターンオーバーを促しています。

コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの、お肌の若々しさを決めているのも真皮層の働き具合度ですね。

真皮層が元気だと、保湿力&コラーゲン産生力アップが高い

真皮層が元気だと、保湿力&コラーゲン産生力アップが高いです。

保湿力とコラーゲン産生力がなぜ必要なのかと言いますと、乾燥とコラーゲン減少が小じわやたるみの原因だからです。

角層の乾燥は、小じわにつながり、

真皮層のコラーゲン&エラスチン&ヒアルロン酸などの減少は、ハッキリとした深いシワにつながります。

さらに、筋力の衰えでたるみやむくみが発生します。

40代の肌老化は、真皮層のダメージが大きく関わっているのと、老化で筋肉が落ちているのが老け肌の原因になっています。

ですので、40代の肌を復活させるには、真皮層のコラーゲンやエラスチンを増やすことがサポートできる美容成分配合スキンケアがとてもオススメです。

こういった目的のスキンケアですと、浸透力も高く設計されていて、持続性もあるように作られていますので、毎日のケアで角層にグングン浸透させることができるので、なめらかなハリ・弾力・うるおいに満ちた豊かなもち肌を実現できます!

さらに、40代の年齢とともに固く薄くなる皮膚を、ふっくらと柔らかく自然に持ち上げ潤いキープ!

40代で気になる肌のくすみや肌荒れ、疲れ肌、乾燥肌も毛穴の開きも全部対応しています!

40代、保湿ケアしているのに肌がしぼんでいて物足りない人は即「保湿&コラーゲン生産力」のつくエイジングスキンケアに切り替えましょう!

顔のストレッチやマッサージはハリに効果なし?リフトアップ持続の秘訣は?

顔のたるみを解消するために、お顔のストレッチやマッサージを日課にされている方は多いですね。

これは、肌の血流も良くなり、老廃物も排出されやすくなり、細胞活性にとても効果的です。

しかし、イマイチ変化がわからない・・。とか、辞めたらすぐ元のたるみが出てきた・・。ということが起きてしまいます。

顔のストレッチやマッサージをしても効果が続かない原因

顔のストレッチやマッサージを行っているのにリフトアップに変化がないのは、真皮のコラーゲンやエラスチンが減少していて、ストレッチでのたるみ改善を持続させる力が肌自体にないからです。

顔の筋トレやマッサージは、ハリアップやリフトアップにとてもオススメですが、

この効果を持続させるためには、真皮層のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの肌を支える部分がきちんと整列されていて、尚且つ肌密度があることが重要です。

そして、顔ばかりに意識がいってしまいがちですが、実は顔のたるみは頭皮のたるみなんです。

そこで、効果を出す順番としては、以下の手順がオススメです。

顔のリフトアップ&ハリアップ効果を持続させる方法

1,保湿力アップ&肌機能向上高機能スキンケアを行う
2,顔のストレッチやマッサージを行う
3,頭皮マッサージで硬くなった頭皮をほぐす

この順番が最善です。

行うタイミングは、入浴後などのお顔の皮膚体温が上がっている時がいいでしょう。

マッサージのはじめにコラーゲンや保湿因子を増やす美容成分をスキンケアで浸透させておけば、ストレッチやマッサージで血流がアップと同時に細胞が活性化され、ぐんぐんと必要なものは取り込まれていきます。

さらに顔の筋肉が動くことで、むくみが解消され老廃物が排出されますので、くすみが取れて透明感がでてきます。

リフトアップキープに必要な条件は、肌の土台がカギになっているということです。

40代からでも、お肌を立て直し、今よりもっと美肌になることができます。

「今まで使っていた化粧品ではお肌に変化がないな…」と感じる時は、エイジング悩みが進行しています。

40代、これからは「今の肌が必要としているケア」を知ることも大切です。

40代のほうれい線・目元のシワ・たるみが気になる原因

40代のほうれい線・目元のシワ・たるみは、保湿だけしていてもなかなか消えません。

このほうれい線・目元のシワ・たるみの原因は、線維芽細胞という細胞の減少が大きく関わっています。

真皮に存在する線維芽細胞とは

皮膚の真皮に存在する線維芽細胞(せんいがさいぼう)。

線維芽細胞は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生み出しています。

「若い頃はだ肌もピチピチして…」というピチピチ状態を作り出してくれている細胞です。

しかし、加齢や紫外線ダメージで繊維芽細胞は活力を低下させ、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生み出す力も低下します。

例え生み出されても、その細胞たちは弱く細く、若い頃のようにピチピチ状態を作り出すことができません。

線維芽細胞の働き

線維芽細胞は、新しいコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生だけではなく、古い組織の分解も行い、表皮のターンオーバーを正常に保ってくれています。

線維芽細胞の代謝が活発だと、お肌のハリ・弾力・うるおいなどバランスのとれた健康な美肌を保つことができます。

40代で深くなるほうれい線・目元のシワ・たるみは、線維芽細胞の働きが衰えた結果なんです。

繊維芽細胞を元気にするには繊維芽細胞を生み出す幹細胞を元気にすること

繊維芽細胞を元気にするには、繊維芽細胞を生み出している幹細胞を元気にすることが重要です。

幹細胞は、あらゆる細胞のもとになる細胞を生み出さしています。

グロースファクターの宝庫であり、ターンオーバーの鍵も握っています。

幹細胞を元気になるには、

  • 酸化の原因である活性酸素を除去
  • 紫外線ダメージから守る
  • ストレスをため込まない
  • バランスの良い食事内容

上記のような対策が必要です。

しかし、今すぐお肌の老化を何とかしたいなら、幹細胞コスメがおすすめです。

幹細胞コスメならこちらが特におすすめです↓


AGEST(エイジスト)幹細胞美容液

エイジスト美容液

幹細胞だから毛穴・乾燥・ハリ感の結果が速い!

エイジストは、幹細胞(あらゆる細胞に変化できる細胞のもとになる細胞)配合美容液。肌の奥深い細胞を活性化し、お肌を若々しく導く3種の植物幹細胞エキスを配合。40代で減少した幹細胞をダイレクトに補うことで、肌本来のハリのある若々しい肌へ導きます。幹細胞はグロースファクターの宝庫なので、エイジストを使うことで肌の機能を正常に回復させることが可能になり、即効性があり短期間でハリ・ツヤ・うるおいを回復できます。

初回お試し1,980円(税別)